衣と住を一緒に

賃貸住宅の魅力は、住宅をファッションとして捉えることが可能であるという点にあると思います。
人の生活に必要なものとして、衣食住が挙げられます。このうち、食は別にして、衣と住はどこで分けられているか、考えてみたことはあるでしょうか?

どちらも、暑さや寒さに対処するものです。そしてどちらも、デザインや着心地(住み心地)を気にするものです。
衣は身につけて持ち歩くもの、住は身に付けることができず一箇所に置いておくもの、という違いはありますが、それよりも大きな違いは、「気軽に切り替えられるかどうか」ではないでしょうか。
服はその日の気分によって、様々なものに着替えることができます。しかし、住居はそうではありません。
特に家を購入し、持ち家を得た場合には、その後一生、同じ家に住み続けることになるかも知れません。これが衣と住のもっとも大きな違いであるように思います。

しかし、賃貸であれば、ある程度気軽に切り替えられます。引越しをすることで、新しい住宅に移り変わることができるからです。
ただ、多くの人が、引越しを服の着替えと同じようには考えていません。その理由は、やはり服を買うようには、家を借りることはできないからでしょう。
もっとも大きな要因が価格にあることは明らかだと思います。服を買うよりも、住宅を借りる際にかかる費用のほうが高いのは当然です。

では、もし格安で引越しができるとすれば、さらに衣と住の境は薄くなると思いませんか?

一万円から二万円程度、服を買うのと同じくらいの値段でできる格安の引越しプランがあれば、衣も住も同じものとして見ることができるようになるのではないでしょうか。

格安の引越し、実は実現可能なのです。
もちろん条件はあります。単身である、ということです。
ファッションも自分だけのもの、つまり単身のものですよね。しかし住居は、単身で暮らす場合と、家族で過ごす場合とがあります。
ファッションと同等に考えるのであれば、同じく単身で考えるのが前提になります。

単身であれば荷物も必然的に少ないので、引越し作業も手早く終わりますし、また費用も格安で済むのです。

話題のサイト

転勤などで単身赴任する際に便利な引越し屋さんはこちらです|単身パックお安くドットコム
引越し料金は格安で越したことはないですよね|お得☆引っ越し】
引越しの料金を知るなら;引越し料金・費用格安なび
引越しは費用を抑える事が結構できるんですよ、気になった方はこちらをご覧下さい|引越し料金見積もりnavi

カテゴリー
  • カテゴリーなし
2014年4月
     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930